読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

着物屋をやっています

兵庫県の着物屋 有限会社みさ和の2代目がつらつらと商いに関係ある事ない事書いています

固定観念を捨てる時代

f:id:tsukachan330:20170217235030j:image

 

しっかりと店舗を構えてお商売をするのが

正しいお店の在り方である。

商品の事を完全に理解し何度もお客さまと

直接顔を合わせて接客、お話をし

信頼関係が出来た時初めて常連客となり

お店は出来上がっていくもの。

 

そう思っていたことが私にもありました

 

お店をオープンしようと思えば場所を借りたり

初期投資として莫大な費用や手間が発生します。

そこが人気の商業施設や人口の多い地域の

路面店舗であれば当然のことですが

空きも無ければ出店の機会も限られます。

さらに売上が有ろうが無かろうが一度

はじめてしまえばおいそれとやーめたと

いう訳にはいかないものです。

 

しかしそんな〇〇なのは当然という

昔の固定観念は捨ててとりあえずやってみる

という姿勢は今の時代には必要な気がします。

 

たとえば、タイトルの写真にあります

「OJICO(オジコ)」というブランド。

石川県のチャンネルアッシュという会社。

度々メディアなどでも取り上げられていますので

ご存知の方も多いと思いますが、

取り扱う商品はTシャツ。

特徴的なのは自社デザインの【楽しいTシャツ】。

サイズは子供、レディース、メンズまで

同柄で幅広い展開となっています。

 

http://www.ojico.net/index.php

 

メインのターゲットは親子などで

一緒に着られるものを提案しています。

 

そしてこの会社最大のポイントは、

年間400回に渡るPOPUPショップ。

(常設店は7店舗のみ)

 

期間は一週間の短期から半年まで

開催場所は日本全国の商業施設。

いろんな場所でいろんな期間行われています。

 

極力お店を持たずその代わり

それぞれの地域の名物やキャラクターなど

をその期間の限定の販売をしたり

Webショップの商品を触れて試着出来る

機会を作ったりと限定感や仮想販売の

お試しをしたりして成功しているケースです。

 

お店を持って商売をするべきと考えてばかり

ではアイデアややってみようとする

モチベーションも浮かんでこないでしょうね。

 

日々変化する現代に

固定観念に囚われすぎて行動できないのも

今はリスクになっている気がしています。

 

新しい試みや改善を常々心掛けられる

ようになりたいと思います。

 

 おわり

 

 

Facebookやっています

https://www.facebook.com/naoto.otsuka.98

 

instagramでは大塚呉服店を中心に写真を毎日アップ

https://instagram.com/otsukanaoto/

 

グルメ特化系もあり〼

https://www.instagram.com/naoto_otsuka/

 

Twitterでもたまにつぶやいておりますので是非!

https://twitter.com/otsukanaoto