読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

着物屋をやっています

兵庫県の着物屋 有限会社みさ和の2代目がつらつらと商いに関係ある事ない事書いています

既存のアイデアとアイデアを組み合わせると新アイデアになる!

f:id:tsukachan330:20160929233841p:plain

 

前回東京にいった時にやってみたかった事の一つ、

 

Uber(ウーバー)を使っての移動を経験する事”

 

だがしかし時間がなく豪雨などタイミング悪すぎで

利用する事は出来ませんでした。

 

ちなみにUberとはスマホなどを使い「好きな場所に車を呼び」

目的地まで「事前に金額を知った上で」「決済はオンラインで済ませる」

海外などで人気の「配車システム」なのです。

 

日本ではさまざまな規制(白タク禁止など)のため

現在は東京の一部限定で展開がはじまっています。

 

詳しくはコチラ

 


次回に訪れた際は必ず利用をしたいと思う今日この頃なのですが

本日その便利なUberのシステムを利用した新サービスがはじまりました。

 
Uber EATS」(ウーバーイーツ)
 


 配車サービス「Uber」を展開するUberは9月28日、フードデリバリーサービス「UberEATS(ウーバー イーツ)」の提供を、9月29日11時に開始することを発表した。東京都の一部エリア(渋谷、恵比寿、青山、赤坂、六本木、麻布)から開始し、150以上のレストランの料理を、店頭と同じ価格で注文できるという。当初は配送料を無料にする。

 

ユーザーは、スマートフォンアプリ(iOS/Android)で届け先を指定し、提携レストランが提供する料理を選んで注文することで、自宅やパーティ会場などで受け取れる。配達状況や到着予定時刻などもアプリから確認可能。

 注文が入ると、提携レストランのタブレットにその内容が表示され、レストランは店内の混雑時間などから調理完了までの時間を入力する。すると、料理が完成するタイミングで店舗に到着できるパートナー配達員(自転車、原付バイク)にリクエストが届くという仕組みだ。

                             (上記記事より)

  

 

Uberは自分の会社において

『一切、車を所有しないせず配車システムを提供』

 

という仕組みの上に

 

『厨房や料理人を持たず料理店とコラボする』

 

という事によって

 

『自社のフードデリバリーシステム』

を作り上げました。

 

お店側からも様々な設備投資なしで運用できるという事で

WINWINの関係のようです。

(海外ではすでに7カ国で運用中)

 

こういうのめっちゃ勉強になりますね。

 

本日もスタッフと話をしていたのですが、

目の前にある仕事やサービスが前提で当たり前で変え難いものと

考えてしまうと新しいアイデアなどは生まれてきません。

 

一歩離れて自分の強みや別のアイデアとの組み合わせを

積極的に行う事が思いもよらないアイデアの誕生になるのかもしれませんね。

 

先入観に囚われずに色々と組み合わせてみましょう。

 

と、

自分に言い聞かせーながらー

いろんな事に首突っ込んだりいろんな業界の方の話を

楽しんで聞いているのですよ。

 

さて。

明日もお出かけです。

 

がんばりまーす!

 

本日

 

以上

 

 

 

Facebookやっています

https://www.facebook.com/naoto.otsuka.98

 

instagramでは大塚呉服店を中心に写真を毎日アップ

https://instagram.com/otsukanaoto/

 

グルメ特化系もあり〼

https://www.instagram.com/naoto_otsuka/

 

Twitterでもたまにつぶやいておりますので是非!

https://twitter.com/otsukanaoto