読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

着物屋をやっています

兵庫県の着物屋 有限会社みさ和の2代目がつらつらと商いに関係ある事ない事書いています

お出かけをしたくなる時ってどうでしょう?

f:id:tsukachan330:20160513225828j:plain

 

私は案外いろんな場所に出かけるのが好きでして、

機会があれば積極的にその場所へ赴きます。

特に車の運転・移動が好きですので長距離の移動もヘイチャラなのです。

休みの際や出張の際にどこか今までに行った事のない場所やイベントに

出かけないとなんとなく勿体無いような気がする。

そんな感じにも。

 

で、ふと思ったのですが果たして昔はそうだっただろうか?と。

どちらかというと出不精の方で家でゴロゴロという方が多かった気はします。

理由としては学生や社会人数年目よりも金銭面が変わったという事も

あるとは思うのですが主な理由はそうでないと思います。

 

やはり大きな理由は、

 

「自分で情報を集められるようになった」

 

という部分が大きいかと。

 

これまでは

TVや雑誌などの一方的な情報発信で

大量の種類の情報を受け取り

その中から自分の好きなものを取捨選択を行うという

どちらかというと受身に近い情報収集でしたが

この10数年で時代は大きく変わりました。

 

今では当たり前の事ですが、

パソコンやスマホで検索すればあっという間に

自分が知りたい事が24時間いつでもどこでもピンポイントで

調べられるようになりました。

その上これまで情報を受け取るだけであった個人が

情報の発信をできるようになりブログやSNSや動画などの投稿をし

メディアの一種として存在する事が出来ます。

 

しかしそうなってくると

情報の総数はこれまでよりも爆発的に増加し

選択肢の幅が広がり続ける時代ともなってきた事から

玉石混交の情報の中から自分が探している情報を

上手に選ぶ事が大事になってきますよね。

 

例えば休日にどこか出かけたいと思ったとします。

『神戸』『お出かけ』とグーグルで調べると61万件の情報が出ます。

検索結果を上から順にダーーっと見ていくと大変ですし

いちいちサイトに飛んでその情報を一件一件見ていくという

“作業”は飽きます。

ちょっと違うサイトなどを見ようかなんて、

引越しの作業中の際に見つけた昔の漫画のように

当初の目的を忘れて違う事に没頭してしまう事も多々あります。

 

しかし、いかがでしょうか?

 

 自分と住まいの場所や金銭感覚や趣味が近い人の

「こんなところにお出かけしました」というブログなどを見たら。

あるいは、自分の憧れのような人の情報で

「◯◯に行って良かった」とか「◯◯食べた美味しかった!」

とかあればお出かけに行きたいと思いませんか?

 

ここで重要なことはその情報の質や内容以上に

 

「誰が、どんな人が発信をしているか?」

 

という事がポイントです。 

 

なにも芸能人や有名人など影響力が強い人ばかりという話ではありません。

一般の人が普通の事を発信していても。です。

 

要は

 

その発信を毎日継続できているかどうか

 

お客さまや自分の知り合いに

「お出かけしたいな」と思って貰おうとするなら

毎日発信を続けるべきです。

最初はバラバラでも慣れれば一貫してきます。

 

“共感できる人”は続けています。

つまらない事でも毎日継続しています。

そして継続し、続けるから伝わる事もある。

 

日々、情報の発信やコミュニケーションが出来ている人が

良いって言ったら行きたくなるのが情というか人ですよね。

 

私は毎日Webでいろんな情報を入れて

行きたい所や出掛ける事も考えますが、

共感できる人から聞く情報は別腹です。

 

「あなたが言うから行ってみたい」

 

そう思って頂くようになるには毎日の積み重ねって大事ですね。

 

もちろんその他にも色々ありますが

それはまた別のお話と機会で。

 

ねーむーいー。

 

 

Facebookやっています

https://www.facebook.com/naoto.otsuka.98

 

instagramでは大塚呉服店を中心に写真を毎日アップ

https://instagram.com/otsukanaoto/

 

グルメ特化系もあり〼

https://www.instagram.com/naoto_otsuka/

  

Twitterでもたまにつぶやいておりますので是非!

https://twitter.com/otsukanaoto