読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

着物屋をやっています

兵庫県の着物屋 有限会社みさ和の2代目がつらつらと商いに関係ある事ない事書いています

異業種コラボなんてあたりまえな現代

f:id:tsukachan330:20170311233805j:plain

 

 

ファッション誌や各種人気雑誌を発行している宝島社と

水産加工、食品などの大手マルハニチロがコラボをして

新商品を開発、販売をするのだそうです。

 

 

マルハニチロのリリースはコチラ

 

http://www.maruha-nichiro.co.jp/news_center/release/files/20170227_maruhanichiro-kippis.pdf

 

 

さらに紹介記事

 


これまで傘やバッグといったファッション用品を売り出してきた自社ブランド「kippis(キッピス)」の新商品で、初めて食品分野への挑戦となる。

 

 

「kippis」は、北欧らしい自然をモチーフに温かみのあるデザインを特徴とした柄のブランド。

現地在住のデザイナーが同社の雑誌の付録を開発する中で生まれ、2012年から展開している。

好評を受けてブランドとして独立し、15年10月からはライセンス事業を始めていた。

女性向け市場に力のあるブランドに、新たな客層の開拓を目指すマルハニチロが着目。共同開発が実現したという。

 

上記記事内より

 

つまり、宝島社としては北欧イメージの自社内雑誌付録からはじまり、

テキスタイルやアイテムなどをデザインし築き上げてきたブランドと

通常の缶詰や品詰などとは違う新たな客層の開拓をしたいマルハニチロ

共通のメリットを見出し実現したプロジェクトなのでしょう。

 

なんか缶や瓶は食品として使用後洗えば器などの雑貨にもなるよう

デザインされているのだとか。

価格もそのぶん少し割高になっていますが許容範囲とする方も

いらっしゃるのではないでしょうか?

 

ちょっと前であれば自分の業種の領域から離れすぎたもの

例えば今回で言えば『出版→食品』ですから業界内などでも

少し色目で見られるというような事もあったかもしれません。

 

しかし今の時代はもう以前とは違うのです。

今回のコラボでは、

 

当面は既存の食品流通ルートでない、ライフスタイル提案型ショップなどの新規販路で販売します。ファッション誌販売シェアトップの強みを活かし、20~50代をカバーする女性向け9誌への掲載。さらに、弊社が持つWEBニュースサービスやSNSを活用してブランドの認知力や販売促進の面で差別化を図ります。「kippis」の食品の販売で、新たなお客様の手に取ってもらい、親しみあるブランドに育っていけばと思っております。(宝島社広報部)

 

このようにスーパーやコンビニなどではない場所での展開を考えられているようで

インテリア、ライフスタイル、雑貨などのショップやWebなどで

販売されるのかもしれませんね。

また、SNSなどの対策なども考えられているようです。

 

こういう事例を見るにつけ、私も頭をもっと柔軟に

いろんなチャンスがあればいろんな組み合わせを考えたいと思います。

実際に形にして色々できるように頑張ろう。と。

 

あ、kippisシリーズ見かければ買ってみようっと。

 

皆様も是非。

 

おわり

 

 Facebookやっています

https://www.facebook.com/naoto.otsuka.98

 

instagramでは大塚呉服店を中心に写真を毎日アップ

https://instagram.com/otsukanaoto/

 

グルメ特化系もあり〼

https://www.instagram.com/naoto_otsuka/

  

Twitterでもたまにつぶやいておりますので是非!

https://twitter.com/otsukanaoto