読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

着物屋をやっています

兵庫県の着物屋 有限会社みさ和の2代目がつらつらと商いに関係ある事ない事書いています

除外する事で生まれる価値のお話

f:id:tsukachan330:20170302103551p:plain

 

サービスというのは普通何かに対して価値を『付加』したり

『問題解決』を行うものだと思います。

 

このインターネットなどの普及により情報洪水の世の中、

その場にいながらにして自分で情報を調べる事がたやすくなりました。

しかしその反面自分が知りたい情報にたどり着く事が以前より難しくなった

というのが現実ではないでしょうか?

 

だってしょうがない!

 

自分含めですけどもっと、

見てもらいたい

PRして知ってもらいたい!

 

それが個人でやる場合無料であることの

気軽さでバンバン情報を発信する事と

企業で仕事として発信を請け負う場合など

いろんなケースがありますもんね。

 

例えばなんですけど

私下手なりに結構料理が好きでして

今日なんか作ろうかなと思ったら

思わず調べるんですねレシピ。

 

メインの具材や料理名+レシピで

検索してみますと大体すぐ出てくるのが

某大手レシピサイトのもの。

それが悪いと言ってるんじゃありませんが

毎回同じすぎると

もっと違うものやプロやお店のレシピも

みたいと思うんです。

が、

これがまた探し難いったらありゃしない。

大体上記がらみのものが出るんですから。

 

もちろん検索エンジン最大手の

Googleなどは随時アルゴリズムなどの更新を

行うことで『本当に知りたい情報』を

広告や企業の規模に寄らないように対策して

おられるのですが間に合うわけもないと。

 

そこで今まではそういったなにかをプラスする

という事が価値であった時代から

逆に情報のマイナス、またはセレクトを行い

みやすくするという事がメリットの

ビジネススタイル増えてきています。

 

一例ですが、


先月本格的に立ち上がりました

「Quugle」

なんか聞いたことがある名前ですが、

こちらを通じて料理のレシピなどを

検索しますといわゆる大手や素人の方の

レシピを大幅に取り除くことが出来

メディアやプロのもののみ表示するサービスです。

 

さて、

 

本格フレンチを作りたい人は素人レシピは

要らないのです

 

今すぐ子供にご飯を食べさせなければいけない人は

オシャレ飯レシピなど要らないのです

 

両者とも料理好きとしてもシーンが違う

 

こんなことは分かり切ってることですよね?

 

それを見えづらくしてお仕事やってたら

イカンってお話です。

 

ウチのお店も苦慮していますが

本当に必要としているまたは

潜在的に必要かもと思っている人に

伝えわるようにするためには「除外」

するものって以外と多いのですこの時代。

 

まとめるって大変。

このブログと同じように。

 

ではー

 

 Facebookやっています

https://www.facebook.com/naoto.otsuka.98

 

instagramでは大塚呉服店を中心に写真を毎日アップ

https://instagram.com/otsukanaoto/

 

グルメ特化系もあり〼

https://www.instagram.com/naoto_otsuka/

  

Twitterでもたまにつぶやいておりますので是非!

https://twitter.com/otsukanaoto