読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

着物屋をやっています

兵庫県の着物屋 有限会社みさ和の2代目がつらつらと商いに関係ある事ない事書いています

私は実はゲーマーでして 今は休止中でして

f:id:tsukachan330:20170214212850p:plain

 

「ウチはゲーム禁止」

 

子供の頃は家でゲームをさせてもらえませんでして

もっぱら放課後は友達の家に入り浸りの毎日でした。

ようやく解禁の高校生になった瞬間にはじめて自分で買ったゲームは

スーパーファミコンゼルダの伝説

今までの反動ということもありそれはそれは猿のようにプレイ。

 

その後大学生となり一人暮らしをする頃には

プレイステーションが発売をされまして

それはもう勉強そっちのけで。

数年後、どこに出しても恥ずかしいゲーマーが出来上がっていました。

 

まるで映画の主人公になり自由に世界を飛び回ったり

通常ではあり得ないようなスピードでドライブを友人と競い合ったり

めっちゃ喧嘩弱いのに最強の戦闘力を身につけてみたりと

現実ではあり得ないことを体験できているようで

それがまた楽しく夜を徹して楽しむこともザラでした。

 

実はこの頃が家庭用ゲーム業界の市場規模としてはピークを迎えます。

(PC、スマホ、業務用を除く)

その売上高は約7600億円といいます。

 

それから20年が経ち、

昨年発表された数字は約3200億円。

この短期間で半分以下まで落ち込むこととなりました。

ま、それでも着物業界よりはマシなのですが(1兆8000億→3000億)。

ほぼほぼ同じくらいの規模なんですね。

 

数年に一度新ハード(機体)が発売されそれぞれの機種に

専用ゲームが発売されます。

 

現在は、

任天堂の   『3DS』『Nintendo Swich(3月発売予定)』

SONYの   『PlayStation4』『PS VITA』

Microsoft の  『xbox One

 

大体家庭用はこの3社の三つ巴です。

 

ここでSONYのイカす最新ソフト紹介動画をご覧下さい。

 

 『RAKUGO』

 

 

という事で私いい歳になってもゲーム事情の最新情報を

定期的に見ては楽しんでいるんですね。

 

でも、

 

まったくゲームしなくなりました

 

 

嫌いになったわけでもありません。

むしろ今でも大好きで機会があればやりたいとも思っています。

 

ハイここです。

今日のポイント。

『機会があればやりたい』

 

ゲームをしなくなった理由はいろいろあると思うんです。

大人になって時間がなくなってしまった

テレビの前に座ってゲーム機の電源入れてが面倒になった

子供がいてゆっくりすることができなくなったなど

いろいろあるんでしょうね。

 

でも、ここには最新の画像処理やネット対戦や名作の続編などは

各機種のスペックやラインナップが関係なかったりするんです。

 

実際ゲームの市場というのは世界規模で見てみると

スマートフォンなどがトップ(400億ドル)

次がPCゲーム(358億ドル)

家庭用ゲーム(66億ドル)

と時代により姿が大幅に変わってきています。

手軽さはスマホゲームの方が上、

性能やネット環境はPCゲームの方が上

 

こんな中家庭用ゲームが再び活性化して蘇ることができるかどうかを

考えてみるという事は何かの“きっかけ”を考えねばなりませんが、

これは『再び着物を着たくなる』という事に近いかもしれません。

 

そんなことをふと思うといろいろなアイデアを出してみて

柔軟に考えられるようにならないと感じる

本日のなんとなくネタでした。

 

うーん。

 

おわり

 

 

 Facebookやっています

https://www.facebook.com/naoto.otsuka.98

 

instagramでは大塚呉服店を中心に写真を毎日アップ

https://instagram.com/otsukanaoto/

 

グルメ特化系もあり〼

https://www.instagram.com/naoto_otsuka/

  

Twitterでもたまにつぶやいておりますので是非!

https://twitter.com/otsukanaoto