読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

着物屋をやっています

兵庫県の着物屋 有限会社みさ和の2代目がつらつらと商いに関係ある事ない事書いています

毎年に思う記念日の日の事

f:id:tsukachan330:20161010223718j:plain

 

本日10月10日は体育の日。

 

と、いっても2000年以降はハッピーマンデー制により

曜日が固定となったため毎年日は移動していくのですが(今年は10日でした)。

体育の日 - Wikipedia

 

今年、私にとってのこの日は大塚呉服店の神戸店が

3周年を迎えた記念の日となりました。

 

支えてくださっているお客さま、お取引さま

そしてスタッフのみなさんいつも本当にありがとうございます。

おかげさまでこの日を無事迎える事が出来ました。

 

実は神戸店は全くの新規開業という事ではなく

前身となる「WAKON三ノ宮店」から場所を変えて

完全リブランディングした第2号の店舗なのです。

以前のお店の場所はすぐ近くにお店を構えていました。

 

場所はほとんど変わらずスタイルも大きく変わり、

取り扱いの商品や価格など以前より相当に絞り込みを行うという事で

様々な心配事が社内でも出ておりました。

 

・以前からのお客さまが離れてしまわないか?

・取り扱う商材が神戸のお客さまに合うのか?

・費用がかさむ事が後に経営を圧迫しないのか?

・スタッフなどにも大きな負担にならないのか?

 

などなど。

 

今考えてみても「もっともだなあ」と思ってしまう心配事。

 

結果として

6月に物件の契約をまとめ

7月に既存店の閉店のお知らせとイベントをスタート

8月に店舗のデザインと施工の打ち合わせをまとめ

9月に工事、親店準備、旧店引越し、物件引渡し

 

父にも後押ししてもらって

『えいやっ』

と決めたその瞬間の事が昨日のように思い出されますね。

 

実際上記のスケジュールの中にたくさんの失敗や問題発生などあり

途中で投げ出しそうになった事が何度もありましたが(笑)、

今ではそれもこの時のために必要だった事なのかなと。

 

周年を迎え新しい年に入る今日の日毎年思う事は

 

『もっともっと面白いお店にしていこう』

『面倒くさがらずどんどん挑戦していこう』

 

着物屋としてお客さまに着物をただ買っていただくという存在から

大塚呉服店の基本コンセプト、

 

「 着 物 が 着 た く な る   」

 

そんな“楽しさ”や“価値”を届けられるお店になろう

 

とこの記念の日にちょっと真面目に再確認とかしてみる

そんな時なのかなといつも思っているんです。

 

来月は京都店が4周年。

 

さあ、まだまだやっていない事がたくさんあります。

がんばりまーす!

 

あ、お近くに来られた際は是非お立ち寄り下さいね。

 

 

Facebookやっています

https://www.facebook.com/naoto.otsuka.98

 

instagramでは大塚呉服店を中心に写真を毎日アップ

https://instagram.com/otsukanaoto/

 

グルメ特化系もあり〼

https://www.instagram.com/naoto_otsuka/

  

Twitterでもたまにつぶやいておりますので是非!

https://twitter.com/otsukanaoto