読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

着物屋をやっています

兵庫県の着物屋 有限会社みさ和の2代目がつらつらと商いに関係ある事ない事書いています

なんか久しぶりにオリンピックをたくさん見たような気がするその理由

f:id:tsukachan330:20160824150329p:plain

 

終わりましたなー。

リオオリンピック。

オリンピック旗引き渡し後の東京五輪プレゼンテーションも素晴らしかった。

 

今回のリオオリンピックは開催前からいろいろと問題が噴出しておりましたが

8月22日(現地時間21日)までの約16日間にわたり

28種、全41競技が熱戦を繰り広げ無事に終了しました。

 

その中でも日本選手団の活躍は素晴らしく、

金メダル14個・メダル総数30個以上という目標で

惜しくも金メダルは届きませんでしたが

金メダル12個・メダル総数41個と過去最高のメダル獲得数となりましたね。

 

日本とブラジルの時差は12時間ありほぼ昼夜が逆転しているという事もあり

競技によっては深夜早朝に競技が行われるものなど寝不足が続く方もあったのでは

ないでしょうか?

 

私は正直あまりオリンピックというのは興味が薄く、

TVもほとんど視聴しない為せいぜいハイライトなどをニュースでみる

という事が通常であったのですが今回のオリンピックは結構ガッツリと

ライブ・ストリーミング放送共に見て応援しておりました。

 が、

TV自体は見る時間は少なかったのです。

つまりコレで見ておりました。

 

NHKスポーツ

NHKスポーツ

  • NHK (Japan Broadcasting Corporation)
  • スポーツ
  • 無料

 

リオオリンピック民放公式アプリ gorin.jp

リオオリンピック民放公式アプリ gorin.jp

  • PRESENTCAST INC.
  • スポーツ
  • 無料

 

スマートフォンのLIVE、ストリーミングアプリです。

詳しい解説はコチラ。


このアプリを使う事によって競技のLIVE映像や途中経過や結果のハイライトなど

いつでもどこでも好きな時にみる事が出来たおかげです。

これまででありましたら1日2チャンネル程度であった

「ライブストリーミング映像」が今回よりあらゆる競技を対象に行い、

それぞれ2500時間以上の配信になったという事。

 

上記のアプリは使ってみると本当に便利でした。

競技の日本時間開始見込みスケージュールやお知らせ、

種目によってはライブ映像や予選のハイライト、

選手のコメントやプロフィール・競技の説明など

「見たくなる情報」がその場で調べられる事も出来ましたので

これまでみる事もなかった水球ラグビーや乗馬なども今回注目して見ましたね。

 

なによりも今回私が「見ようかな」と思えたのは

手軽にスマホ一つで今すぐに見る事の出来る手軽さのお陰でした。

4K映像とか音響のすごい臨場感というものは味わえませんが

競技の時間を調べてTVの前に座り、

『このあと◯◯選手が登場!』と言いながら数時間出てこない、

CMたっぷり、芸能人たっぷり、同じテーマ曲や動画を繰り返し山盛りの映像を

見せつけられないというのが大きく小さい画面で見てもストレスになりませんし

その後TVに切り替えるなどと活用していました。

今回のTV放送では全体的に民放などの局で視聴率が期待よりも取れなかったとか。

 

まあ、次回日本は国内なので時差がないし東京オリンピックとかになったら

TVでみる人も増えるんじゃないかなーと思っていましたら

時差が1時間程度でほとんどないアメリカでも同様の事が起きていましたよ。

 


アメリカでは米NBCが17日間にわたってプライムタイムに生中継したが、
平均視聴者数は2540万人。前回のロンドン五輪の3110万人から18%も減少しており、
アテネ五輪の2490万に次ぐ低い視聴者数となった。
 

 

現地との時差やメダル期待の選手数などが大きな原因という訳ではないようです。

続いてこんな記事。

 

NBCが専用アプリを通じてストリーミング配信したライブ中継の視聴時間は計27億分となり、
過去すべての五輪のストリーミング中継を合わせた視聴時間の倍近くにも及ぶという。
決まった集計時間内にウェブサイトを訪問したユーザー数を示すユニークユーザーは1億人で、
前回のロンドン五輪から29%アップ。同局は大きな時差のあった
前回のロンドン五輪とは異なるため、リオ五輪のテレビ中継の視聴者数の増加を期待していたが、
デジタル端末でのストリーミング中継を好む視聴者が
ここまで急増するとは予想していなかったという。

 

はい。

結論。

 

スマホの普及』と

『ライフスタイルの変化』です。

 

今回のリオはスマホがある程度いき渡り

ネットインフラの整備が整ったはじめてのオリンピックといわれています。

 

つまりよほど注目している興味のある競技を除いて

競技の結果や内容などはLIVEでなくてもそれなりに早い情報でいい。

それよりは自分の都合に合わせて好きな時に見れればというそんな時代。

 

これまでの常識や広告は通用しなくなりました。

これまでの当たり前や既得権益では無理かも。

人々は寸分違わぬLIVE映像や綺麗な画像や

過剰な物語・演出や最新技術などを望んでいるのではないんだなあ。

 

ある機器メーカーが「次回はVR(仮想現実)だ!!」といって息巻いていましたが

なんか違う気がするなあ。ちょっと前まで「3Dだ!!」って言ってたし(笑)。

 

なんて、

オリンピックを傍目に見ながらこれってTVだけの話ではなくって

自分の業界やテリトリーなんかも言えることでよく注意してないと

どんどん置いてかれるなと感じた出来事でした。

 

しかし、今回はモバイWIFI持ってなかったら危なかったー。

ありがとうWIMAX

かるく10Gもっていかれました。

 

本日は以上でございます。 

 

Facebookやっています

https://www.facebook.com/naoto.otsuka.98

 

instagramでは大塚呉服店を中心に写真を毎日アップ

https://instagram.com/otsukanaoto/

 

グルメ特化系もあり〼

https://www.instagram.com/naoto_otsuka/

  

Twitterでもたまにつぶやいておりますので是非!

https://twitter.com/otsukanaoto