読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

着物屋をやっています

兵庫県の着物屋 有限会社みさ和の2代目がつらつらと商いに関係ある事ない事書いています

見た目やアプローチが変わると別物に変身する

f:id:tsukachan330:20160727235451j:plain

 

以前にご紹介した“浮く”盆栽『Air Bonsai』の一般販売がついに開始しました。

 

Air Bonsaiとは 



アメリカのクラウドファンディングKickStarterに

今年初めに登場したこのAir Bonsaiプロジェクト。

クラウドファンディングをかんたんにいうと

出資者から資金を募り目標金額に達成すれば

その出資金をもとに製品やサービスなどの見返りを得る事が出来るというシステム。

未達成の場合は資金は送金されません。

 

今回のAir Bonsaiの目標金額は$80,000(840〜850万円)の設定でしたが

最終的な到達金額として$770,000(8100〜8150万円)

にまで達しました。

目標の約10倍ですね。

 

なんとなく知られているかもしれませんが

一部の海外では日本の盆栽というものは人気を博しているのです。

 


実際にBONSAIの輸入販売や制作キットなどを販売したりするお店も存在しますし

好きな方は高じて日本まで直接盆栽の勉強をされに来られる方もいられるとか。

 

魅力を感じられる部分として見た目の美しさだけではなく

「自分でカスタマイズして世界観を作っていける」

という部分のようです。

 

海外反応! I LOVE JAPAN : 日本の盆栽に魅了される外国人が急増中、その理由とは!? 海外の反応。

 

しかし、私も若干調べてみましたがやはりというか

 

高い

 

技術的に相当勉強が必要

 

という2点がありはじめてみたいけれど

敷居は高いようでした。

お金持ちの趣味って感じで。

もちろんお安いものもあるわけなのですが

見た目的にもちょっと望むものとは違うのかもしれませんし

さらにその分知識も必要だろうという事で。

 

で、このAir Bonsai

 

「 盆栽が浮く 」

 

この見た目やアプローチが入るだけで全く違うものに変身するのです。

インパクト抜群。

 

クラウドファンディングが成功したのは

「敷居が高いけれどこれなら自分でもやってみれそうだ」

「試しにやってみてそれから徐々にカスタムして楽しめるかも」と

スタートしてみるまずはその一歩になりえたのかもしれません。

 

盆栽とはこういうものだ

 

というようなガチガチの考えをもつ人であれば邪道に見えるかもしれませんが

敷居を低くしてあれこれと楽しみながら盆栽いじりのファンが増える、

そしてその中からさらに盆栽の事を知ってみたいSNSなどで自身も発信したい

という海外の人が今後増えていくのだろうなと思いました。

 

着物もそうなるようなアクションがふえるといいな。

 

ちなみにこのAir Bonsai

発送地域はアメリカ・カナダ・日本となっています。

買おかな………。

 

以上です!

 


Facebookやっています

https://www.facebook.com/naoto.otsuka.98

 

instagramでは大塚呉服店を中心に写真を毎日アップ

https://instagram.com/otsukanaoto/

 

グルメ特化系もあり〼

https://www.instagram.com/naoto_otsuka/

  

Twitterでもたまにつぶやいておりますので是非!

https://twitter.com/otsukanaoto