読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

着物屋をやっています

兵庫県の着物屋 有限会社みさ和の2代目がつらつらと商いに関係ある事ない事書いています

なぜ大塚呉服店なのか? 20          「楽しくやろうと思ったら少しずつ付いてきた」 前編

f:id:tsukachan330:20160527233111p:plain

 

今から16年前、

当時の勤め先を退職して実家の着物店に帰ってきた時の事。

私、「着物屋」をやるのが辛かったんです。

コレ正直な話。

 

というのも、

数十年に渡ってどんどん縮小していく「業界の状況」

全国規模で展開していた着物チェーン店に勤める中で経験した「理想と現実」

創業者としての父と後継としての私の性格や考え方の「ギャップ」

を考えるとこれから自分は長年に渡って

この業界でやっていけるのだろうか?

このお仕事で自分や家族や社員たちを食べさせていけるのだろうか?

それが不安で不安でしょうがありませんでした。

今もあまちゃんの私は。

 

そのあたりを自分の健忘録ついでに振り返りと反省と

今後どうしていきたいかを前後編2部に分けて書いていきます。

もしかしたら似たような状況にあるかもしれないあなたと私の為に。

おヒマなら読んでね。

 

 

「着物業界の状況」

 

f:id:tsukachan330:20160529222636p:plain

 

当ブログでも何度も登場するこのグラフ。

1980年にピーク1兆8000億円の小売市場規模だったものが、

2013年には3010億円まで急減しています。

上記の私が悩んでいたH10年頃でも8000億円規模ありますから

その当時からの落ち込みの予想は正しかったし

その下落幅は予想以上にハンパなかったという事ですね。

 

いらないところだけ当たんなよ予想

 

 

「理想と現実」

 

 

お題目として着物業界はお客様にこう言います。

 

「日本人が一番美しいのは着物を着た時だ」

「着物は“日本の心”で無くしてはいけない必要なもの」

「着物を通じて文化、教養、技術、喜びを知る事は大切」

「昔の人は理解があった偉かった、今の人は愚かで嘆かわしい」

 

たしかにそういう一面もあるかもしてませんが、私はこう思います。

 

ア ホ か と

未だにそんな事言ってんのかと

 

本当にその通りなら我々世代とその上の世代がこの30年間

完全にやる事なす事失敗しまくってるってことじゃないですか。

着物の素晴らしさを伝える事や仕組みの改革やセグメント化など

サボりにサボっていた結果が現在の状況な訳で

自己反省こそすれ、人のせいやお客さまのせいにすんなと言いたい。

 

本当は自分たちはなんとなく感じているし知っているんです。

 

今、着物は別に必要とされていない

 

という事を。

私もあなたも。

 

 

「ギャップ」

 

私と父は性格や思考が違います。

得意な事や苦手な事も違います。

そして育ってきた環境も時代も違う中で今後を考えると

 

先代や他人と同じことなんて出来ない

 

当然ですが無理やり先代の考えを押し付けられたとしてもこの先の環境や

自分の周囲の現状と調整しながら一人でやらなきゃいけないんですよ。

 

この無類の人見知りで他人とのコミュニケーションが苦手な私が

 

やらざるを得ない

何か考えなきゃいけない

 

そんな状況なのです。

 

「じゃあそもそも継がなきゃいいじゃん」

 

という考えをお持ちの方。

ある種それが正解なのかもしれません。

私の周りにもそんな方はいらっしゃいますし、

実際にその方が良かったねという状況になった ケースもあります。

 

大事になってにっちもさっちもいかない状況を予防する。

それもアリ。

でも私は継ぐと決めていたので

頭が悪いなりにどうすりゃいいか考えました。

 

こんなのひとつしかない訳ですよ結論は。

 

自分で出来るように変更していくしかない 

 

これ一択です。

 

そしてそのモチベーションを高めようとしたら

自分の「好きな」「楽しい」状況にしなきゃいけない。

 

はい。

 

続きは後編。

そのうち書きます。

 

 

ムシアツーい。

 

 

Facebookやっています

https://www.facebook.com/naoto.otsuka.98

 

instagramでは大塚呉服店を中心に写真を毎日アップ

https://instagram.com/otsukanaoto/

 

グルメ特化系もあり〼

https://www.instagram.com/naoto_otsuka/

 

Twitterでもたまにつぶやいておりますので是非!

https://twitter.com/otsukanaoto