読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

着物屋をやっています

兵庫県の着物屋 有限会社みさ和の2代目がつらつらと商いに関係ある事ない事書いています

なぜ大塚呉服店なのか? 6           「変わるべきところ、変わってはいけないところ」後編

f:id:tsukachan330:20160324223900j:plain

 

自分から発信をするという事は

着物業界はこれまで積極的に行ってきませんでした。

とても苦手だと言ってもいいと思います。

 

われわれの目にする耳にする情報の量が増える一方の現在、

どんなに目新しい、有益な情報も日々発生する情報に「上書き」され

忘れ去られるというスピードはどんどん早くなっています。

 

ですから、自分の事や自分のお店、商品やサービス、個性を

「忘れられないように」「思い出してもらえるように」

発信をし続けるという事は大事であると昨日の前編で書きました。

 

変わるべき部分というものの数はとても多いのですが、

その中でも取り分け『発信』と『継続』が大事なのです。

 

で、変わるべきところと反対の

変わってはいけないところについての本日のブログ。

 

結論を一言で言ってしまうと個性です。

 

私が思う変わってはいけないポイントは

 

「USP」ブランディング

 

と思っています。

 

両方とも私もお店も現在勉強中です。

大塚呉服店が大塚呉服店である為に変わってはいけない

重要な部分だと思いながら手探りの中実践をしています。

ので、あまり大きな事は言えないのですがご紹介。

 

USPとは? 

何度かこのブログでも取り上げていますが、

「独自の価値」という意味のこの言葉。

 

たくさんのお店や似たようなサービスが乱立する中、

どのお店で買ってもいいし買わなくてもいい

お客さまは毎日選択しています。

(これはわれわれも同じ事ですよね。)

 

そんな中

『なぜあなたのお店で買わなければいけないのか?』

 

その理由がはっきりしているか、

それを発信出来ているかどうかです。

 

それをはっきりさせずコロコロと変わっていては

お客さまは他の基準(価格、利便性、有名なお店)を

選択するのは当然の事でしょう。

 

大塚呉服店は「着物が着たくなる着物店」を目指おり、

たくさんの着物屋さんがある中でウチのお店を

ご指名でわざわざでも行きたいと言っていただけるように努力中です。

そして、それをもっとわかりやすく様々な方法で発信をし続けなければ

いけないと考えています。

 

あなたのお店はどんなUSPがあるでしょうか?

 

 

ブランディングとは?

 

「ブランドとは他者と差別化されかつ、

 一定の方向性を持ったイメージにより商品・サービス

 あるいは会社そのものにブラスをもたらすもの」

 

大塚呉服店立ち上げの際や今現在も大変お世話になっている

中川政七商店の13代中川淳社長の言葉です。

 

 

『一定の方向性をもったイメージ』とありますが

これは商品やサービスであったりお店、販促物、デザインなどが

あれもこれもとバラバラになっていないか?

という意味でついついやってしまいがちなのですが、

 

「この方がお客さまがたくさん来る気がするから……

            いろいろな商品の種類を増やす」

 

「この方が売上が上がる気がするから……

               割引やサービスを増やす」

 

でも実はそんな事はなく、

やればやるほどお客さまは迷いお店から遠ざかる事になりがちです。

選択肢が多くなればなるほど

人はそのお店が「何屋さん」なのかわからなくなるのです。

そこらへんはまた次の機会にでも。

 

 ちなみにブランディングについてご興味あれば

 事例つきで詳しく書いてある中川さんのブランディング本オススメです。

 

だいぶ前後編と端折りながら書きましたがざっくりとご紹介しました。

 

一番良くない事は現状を嘆き何もせずただオロオロと

その場に立ち止まり愚痴を並べる事だと思います。

やるべき事を自分で決めてまずは行動する事ですね。

 

ウチもガンバリマース!

 

Facebookやっています

https://www.facebook.com/naoto.otsuka.98

 

instagramでは大塚呉服店を中心に写真を毎日アップ

https://instagram.com/otsukanaoto/

 

グルメ特化系もあり〼

https://www.instagram.com/naoto_otsuka/

  

Twitterでもたまにつぶやいておりますので是非!

https://twitter.com/otsukanaoto