読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

着物屋をやっています

兵庫県の着物屋 有限会社みさ和の2代目がつらつらと商いに関係ある事ない事書いています

“昔は良かった”なんてどうか言わないで  1

 f:id:tsukachan330:20160214233659p:plain

                         三越呉服店 呉服陳列場)

 

 

一昔前の駅前や商店街の一等地・郊外型商業施設のテナントの中には

少なくとも一件くらいは着物屋さんが入っているのが当然でした。

 

私が前職の際、最初に配属になった商業施設などは隣2件ともに着物屋さんで、

商品、サービスだだ被りのお店が3件横並びになっているという

今はあまり見ないようなロケーションのお店でした。

でもこういうのは当時は結構あったのですよ。

16〜18年前のお話です。

 

 

その頃の着物の市場規模(小売・古着・通販)というのは、

6000〜7000億円くらいあったかと思います。

(ピーク時は約2兆円、現在は3000億円前後です)

 

 

その頃からピーク時の頃を知って経験した人たち、

私よりも1、2世代の上の方が内輪の話の際によくおっしゃっていました。

 

 

「昔は“ガチャマン”って言ってなあ凄かったんだよ」

  (ガチャっと織機1回織ると万と儲かるというメーカーの逸話)

 

 

「昔、一回の催事だけで◯◯千万円を販売した事もあるんだよ」

 

 

「昔は女優の◯◯さんとかをイベントに呼んでよく食事とかしてたなあ」

 

 

「仕事が終ったらその足で銀座や祇園に毎晩飲みに行ってた」

 

 

「昔は100万円くらいの着物がポンポン売れていた」

 

 

 

「 今はダメだね。

 

  昔はよかったなあ。 」

 

 

 

こんなのをね。

そういえば20代当時から聞いていたなあ。

 

で、40代になった今現在も聞くんですよ。

ついこないだもお話をさせて頂いた際に

似たような事をお話されている60代の着物経営者の方もいらっしゃいました。

 

 

 

 

えー、っと。

 

 

 

 

田 舎 の ヤ ン キ ー か

 

 

 

 

「俺、昔は結構ヤンチャしてたんで」

 

「伝説の◯◯先輩と知り合いなんだよね」

 

「アレ、今でも有名な話だけどやったの俺なんだよ」

 

 「舎弟が数十人いる マブで」

 

 

 

こんなのと変わらない。

聞けば聞くほど悲しくなってしまいます。

(まあ、着物業界に限った話では無いのでしょうがね。

 

 

現在はあれほど多くあった着物屋さんは

その数も減り、ファッション系の商業施設などからは

世情に合わなくなった事やいろんな事件、事情の変化等があり、

閉店・移転をしたりなどして姿を見かける事が

少なくなってしまいました。

 

どうしてそうなってしまったか?

その原因はそれはもうたくさんありまくりなのですが、

一般の方からよく聞く事をまとめるとこんな感じでしょうか。

 

・あやしい

・高そうな気がする

・売りつけられそうな感じがハンパなくする

・周りのお店に比べて違和感がスゴイ

・イベント時などたまにお店が中を覗けなくしてある

・不明瞭な部分が多い気がする

・なんかすごくしきたりとかルールとかうるさそう

・費用対効果が適正に見えない

・レンタルでなぜいけないのか?

 

など。

 

でも、これってわかっている事なんですよ。

とくに上記の『昔はドヤ』な方などは特に。

 

現状とのギャップが大きければ大きいほど

そのように思ってしまうのでしょうか? 

 

 

じゃあ、今まで何をしてたんだ?という現状はまさにこれ ↓

 

f:id:tsukachan330:20160215211612j:plain

 

なわけですが、

そこはやはり業界でもう一度

「昔」ではなく「未来」を考えなくてはいけないと思うのです。

 

書いてる事は壮大ですが

スケールちっちゃい話になると思いますが(笑)。

 

ふと思い出してイラッっときたので

そんな事を不定期で数回に渡って考えてみようかと。

(適当ブログなのであまり期待しないでくださいね)

 

風がやんだ姫路の夜でありますです。

今日もあたたかいなあ………。

 

 

つづきまーす 

 

 

Facebookやっています

https://www.facebook.com/naoto.otsuka.98

 

instagramでは大塚呉服店を中心に写真を毎日アップ

https://instagram.com/otsukanaoto/

 

Twitterでもたまにつぶやいておりますので是非!

https://twitter.com/otsukanaoto