読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

着物屋をやっています

兵庫県の着物屋 有限会社みさ和の2代目がつらつらと商いに関係ある事ない事書いています

着物に携わる人はインスタグラムをやったほうが良いと思う理由 その1

f:id:tsukachan330:20160206233402p:plain

 

 

 

SNSソーシャル・ネットワーキング・サービス

 

 

概要は、「人同士のつながりを電子化するサービス」

 

簡単に言うと、

 

少し前までやっていた『笑っていいとも』の

 

「友達の友達は、みな友達だ」状態をインターネット上で行うという事です。

 

 

 かんたんな解説はコチラ

 

 

代表的なものとして、

 

Twitterツイッター)」

Facebookフェイスブック)」

Instagram(インスタグラム)」

 

がありましてそれぞれに表現や活用の特徴が違い

使い方を変えなければいけないのです。

 

ハイ。

 

この時点でめんどくさそーと思われた方いると思います。

 

分かります。

 

私もそうでした。

 

おそらく、なにかのきっかけがなければ

一生やっていなかっただろうという自信があります。

 

だって、やる意味がよく分からないですし

やっていても手間がかかるばかりで

楽しくない予感がしますしね。

 

で、

 

その中でも今回はInstagram(インスタグラム)の活用のご紹介をします。

 

なぜかと言いますと、

 

昨日新幹線で帰ってくる車内でふと思ったからです。

 

 

「着物関係の人、

  インスタグラム

   やったほうがいいわー!!」

 

 

なんか降りてきましてね。

 

もちろん着物業界に限った事ではないのですが、

特に着物とインスタグラムは親和性が高いのではないのかと思いました。

 

で、ちょっと長くなりそうなので

 

 

・なぜやったほうがいいのか?

 

・どうやれば楽しく更新出来るのか?

 

・この一年で気づいたテクニック的なアレ

 

 

ここら辺のところを短い期間のうちに

数回に渡って不定期シリーズでお話ししていきたいと思います。

 

 

私は今から約1年ほど前にこのサービスを利用し始めました。

(無料ですよ。念の為)

 

最初の頃数ヶ月は正直、

 

 

「何が楽しいんだ?コレ?」って思っておりまして。

 今までであればその時点ですこしづつサボり、

結果としていつの間にかやめているわけなのですが

その時は実際に一緒にスタートした友達やエクスマ塾の同期などもおり

お互いに意見をしあったりとモチベーションがなんとか保たれて

毎日決まった時間に更新出来るようになって来ました。

 

では前置きが長くなりましたが

 

今回のテーマ

 

 

『インスタグラムをやったほうがいいのか?』 

 

 

 いいです。

 

  

とくに着物業界関係の方

 

 

やった方が絶対にいいです!

 

 

理由の説明をします。

 

今、あなたの立場が

 メーカーさんであれ

問屋さんであれ

小売・加工・サービス業の方であれ

対象とするお客様はいらっしゃいますよね。

 

どんな個人や会社とお付き合いをされておられますか?

 

 

イヤイヤのお付き合いではありませんか?

 

同業者との価格やサービス合戦になっていませんか?

 

その数は減ってきたりしていませんか?

 

他社や業界から自社の「独自化」は出来ていますか?

 

 

上記のようなお悩みが非常に多いと思います。

で、そういった現状である場合、

対策として取られているのが自社周辺の営業活動や

既存取引先のDM、チラシなどがほとんどではないかと思います。

 

それが悪いということではありません。

それだけでは弱い時代になっているという事です。

 

なぜなら、どのメーカーやお店で買ってもお客様からすれば同じ事で

あなたの会社で買う理由が見えにくいからです。

そして「どこで買うか?」の他にそもそも、

「買わない、いらない」という選択肢もあるのです。

そんな中でいくら値引きや無料サービスをされたって

“いらない人”には響く事はないのです。

 

そこでオススメしたいのが

この写真特化型SNS「インスタグラム」です。

 

概要やはじめ方は上記サイトにてご覧下さい。

 

オススメの理由は4つ

 

1、パソコンいりません。スマートフォン1台でOKです。

 

2、写真と少々の文章や知識だけで毎日簡単に短時間で更新できます。

 

3、写真の投稿数が増えていくと自社の『世界観』が表現されていきます。

 

4、日本国内のみならず世界に対して発信されます。

 

アプリ内の写真加工ソフトも大変優れており、

素人でも簡単に写真を補正、加工できます。

 

下記一例、元画像(上)→ 加工後(下)です。20秒で出来ます。

 

f:id:tsukachan330:20160207025444j:plain

  

f:id:tsukachan330:20160207030222j:plain

 

あなたの会社がメーカーなら作っている工場や工房、道具、職人、技術、デザインなど

流通や小売ならば商品の着姿やお店、ディスプレイ、スタッフ、お客さまなど

写真投稿が100件を超えたあたりで自社のカラーや世界観などが見えてきます。

そして、それが好きだという方は徐々に増えていきます。

 

ちなみにインスタグラムは他のSNSとも強力に連動しており、

その投稿を活かす事ができ一石三丁、四丁です。

 

着物はビジュアル的に制作段階、商品段階、縫製加工段階のいずれも

「絵」になるものだと思います。

しかも現在は着物ファンの方が大多数で特にメーカーさんなどは

皆無といっていいほど少ない状況です。

 

あなたの会社の世界観をインスタグラムで伝えてみてはいかがでしょうか?

 

次回は楽しく更新する方法などを書いてみたいと思います。

 

ではー。

 

 

Facebookやっています

https://www.facebook.com/naoto.otsuka.98

 

instagramでは大塚呉服店を中心に写真を毎日アップ

https://instagram.com/otsukanaoto/

 

Twitterでもたまにつぶやいておりますので是非!

https://twitter.com/otsukanaoto